スポンサーリンク

外発的(外的)動機付けと内発的(内的)動機付け

よい成績を取って親や先生からほめられたいと勉強するのは、外発的 (外的)動機付け(extrinsic motivation)によって勉強していると考えられる。一方、そのような外的な賞賛や何らかの物質的な報 酬を得るためにではなく、学習や理解そのものが目的で勉強するのは、内発的 (内的)動機付け(intrinsic motivation)によって勉強していると考えられる。

外発的動機付けを高める方法法としては、①報酬や罰を与えること、②競争意 識をかき立てること(順位表を公表することなど)、③具体的な目標を与えること(今週末までに、単語を50覚えること)、④フィードバックを与えること(教員からのコメントを与えること)などがある。しかし、不安が強すぎると逆効果となる。

一方、内発的動機付けを高めるためには,①学習者の興味や関心を喚起すること、 ②授業で、「驚き」や「発見」などが生じるようにして知的好奇心を刺激すること、③例題などを 通して部分的に成就感を味あわせ(a sense of achievement)こと、などが挙げられる。

教室においては、学習者が自ら、英語を理解したい、学習したいという 内発的動機付けがより重視されている。これは、外発的動機付けは、環境が変わると学習に意欲を 示さなくなる可能性がある。さらに、学習者が報酬や罰にばかり関心が向かうと、不正が生じることがある。

ただし、外発的動機 付けをすべて排除することは現実的ではない。さらには、まずはどんな動機付 けによるものであれ、英語を学ぶ機会を与えることで、それが内発的動機付けに発展する可能性があるからだ。

達成動機

英語を勉強する動機だが、マズロー(Maslow)は、三角型の階層を用いて、動機自体を構造化して説明している。それは最上階に自己実現があり、それに至るまでの階層構造である。例えば「英語の勉強では、まず、お腹 がすいていないなどの「生理的欲求」があり、次に安心して生活できるという「安全欲求」(safety needs)、さらには、クラスの他のメンバーから仲間として自分が受け入れられているという「社会的欲求」(love and belonging needs)、そして、自分自身が才能ある人間 であると考えられる「認証への欲求」(esteem needs)などが満たされて、初めて、「自己実現への欲求」(self-actualization needs)が機能するのである。

英語の学習においては、他の音楽や体育の学習のように、学習者 仲間の前で失敗を犯す危険性が常にある。教員が指導の熱心さのあまり、英語の間違いに神経質になっている印象を与えたり、また、クラス集団がまとまっていないで、嘲笑や冷やかしを恐れる場面では、このMaslowの社会的欲求や認証欲求が満たされていないと考えられる。これらの下部の 階層の欲求が順に満たされて初めて、頂上にある自己実現への欲求が自発 的に生まれるのである。

統合的動機付けと道具的動機付け

「受験」は,学習者にとって確かに強い動機付けを与えるが、目標の学 校に入学してしまうと、途端に学習の意義を見失うことがある。このような進路のためとか、ある特定の目的のために学習するのは道具的動機付け(instrumental motivation)である。一方、例えば、アメリカ文化にあこがれて、その文化に浸りたい、できれば、アメリカ社会の中で暮らして、同化したい願って学 習するのが、統合的動機付け(integrative motivation)である。

従来は、統合的動機付けの方がより効果があるとされてきたが、現在ではやはりそれは個々のケースによって異なると考えられている。

スポンサーリンク