スポンサーリンク

スピーキングにおける2つの形式

スピーキングだが、2種類の形式があると考えられる。一つは会話である。互いにやり取りをする会話Interactive speakingである。もう一つは発表である。Public speaking のように一方的に話しをする場合である。

スピーキングにおける3つの機能

スピーキングには3つのコミュニケーション機能がある。一つ目は、儀式的なコミュニケーションである。二つ目は、情報を提供するコミュニケーションである。三つ目は、相手を説得したりするためのコミュニケーションである。

(1)儀式的なコミュニケーションはいわゆる挨拶である。教室に入ると Good morning.  Hello. とか、授業が終わると See you tomorrow.  Have a good day. などと教員が言うのは授業の開始や終わりに関する儀式的なコミュニケーションである。あるいは、Nice to meet you.  Nice talking to you. は個人的なやりとりで交わされる儀式の言葉である。

定型的な表現が決まっているので、学習者はそのまま覚えることになり、指導はさほど難しくない。

(2)情報を提供するコミュニケーションには、聴き手のリスニング能力も大切である。情報を得ようとするために積極的にリスニングする態度が必要である。そのために、有効な活動としていくつかが挙げられる。

Information gap: 基本的にペアで行う活動で、生徒Aと生徒Bが持っている情報が異なり、互いに会話をして情報交換をして、その情報の違いを埋めていくという方法である。
Interview:  Find someone who ~ という活動がある。Find five people who have a cat. というテーマを与えて教室内で質問をさせる。Find five people who have a cat but don’t have a dog. のように複雑にしてゆくことも可能だ。
Role play: 架空の役割を与えてそこで会話をさせる。例えば、マクドナルドの店員と顧客のやりとりを想定させて行わせる。
Game: Twenty Questions 生徒Aがある事物を選んだとする。an apple とする。すると他の学生はYes/No questions で質問してゆく。Is this an animal?  Can I eat it?  Is its color red?のような質問を行い、20の質問のうちに答えるというゲームである。

Show and tell: 生徒が何からのトピックで発表して、それについて他の生徒からの質問を受けるものである。これはPublic speaking の要素があるし、また Interactive speaking の要素がある。ただし、実際の教室では、他の生徒が質問をすることは少ない。その場合は、教員が生徒を指名して質問をするように促すことが必要である。

(3)相手を説得したりするためのコミュニケーションは、難しい面がある。聴き手から積極的なリスニング態度が得られない場合がある。嫌がる相手から金を借りようとする場合は、かなりの説得能力が必要である。外国語で説得する能力を身につけるのはかなりハードルが高い。

教室では、相手を説得する必要性のある場面に出会うことは少ない。ある程度、擬似的な場を設定するものとして、ディベート(debate)活動が有効である。たとえば、田舎に住むことと都会に住むことはどちらがいいか。夏休みは海に行くのがいいのか、山に行くのがいいのか、というようなテーマを与えて、議論させることで、説得の技能が磨かれていく。その場合は、情報を示すことで説得力が高まる。混雑の度合い、物価、文化施設の数などを示すことが重要になる。

形式中心とメッセージ中心

教室で行われる会話の練習では、パタン・プラクティスが行われることがある。教科書に、以下のような文があってペアで練習したとする。

Is this a pen?
Yes, it is a pen.
Is that a book.
No, it is not a book.

これらの練習はプレコミュニケーション活動にはなるが、本来のコミュニケーションではない。最初から互いにどれがペンであり、どれが本であるか分かっているので、構文練習に過ぎない。これらのような練習は形式中心(focus on forms)である。望ましいのは、実際に情報がやり取りされるメッセージ中心(focus on message)の練習である。

その意味では、前述の information gap, twenty questions, interview などの活動がメッセージ中心になり有効である。

 

スポンサーリンク