「英語」の記事一覧

授業実践(教室で英語ゲームをおこなうこと)

10PV

教授法

スポンサーリンク ○ 後期の英語の授業実践として、小学生向けの英語活動の一つとしてゲームを行う予定である。各自に順番に実践してもらうが、子どもたちが楽しく活動できるゲームで同時に、英語力のアップにつながるものであれば、是・・・

協同学習

10PV

教授法

4技能 聴く、話す、読む、書く、という4技能は単独で技能を学んでも、実際の場面ではそれらを組み合わせて使うのが普通である。いろいろな人とインタラクションをしながらコミュニケーション能力を身につけることで、社会参加が可能に・・・

自由英作文での学生の感想

38PV

writing

○ 学生の答案を今読み返している。「自由英作文とは何か?」という質問に対して二人からの答えを紹介して、その内容を考えてみよう。AとBの二人の学生の答案は以下の通りである。 Aの学生 自由英作文とは、文法よりも 文の長さや・・・

4人で物語を作る方法-writing

105PV

writing

○ writing の一つの方法として、創作活動が有効である。前の人の作った英文を見ながら、それに続くストーリーを考えてゆく方法だ。これにより、英文を読み取り、つぎに英文を書くというスキルができあがると思う。中学校の3年・・・

3人の学生が提唱するライティングの授業

87PV

writing

○ ライティングは、学習者がかなり慣れてきたところで始めるのがよいだろう。今日は、3名の学生に自分が考える理想のライティングの授業を語ってもらった。 Iさんの説明 はじめは、Iさんである。誰かに伝えたいという強い気持がな・・・

ライティングの指導のいくつかの種類

131PV

writing

○ 内容に焦点を当てたライティング活動としていくつかの活動があるのでそれをみていこう。 ノー 卜・テイキング パラグラフ構成がしっかりしたまとまりのある文章を聞いて、それをノートに記してゆく。すべてを書き取ることはできな・・・

Speaking に関する3人の学生の提案(2)

86PV

speaking

○ 先週はSpeaking に関して、3人の学生から自分のおこないたい授業を提唱してもらった。今週もさらに3人の学生から自分のやりたい授業を提案してもらった。 Nさんの提案する授業 Nさんは、Speaking とは、(1・・・

スピーキング活動の指導の分類

77PV

speaking

スピーキング活動の指導 スピーキング活動は、大きく分けて二つに分けられる。それぞれに指導が異なってくる。モノローグ形式 とダイアローグ形式について見ていこう。 モノローグ形式(パブリック・スピーキング)のスピーキング活動・・・

Wh questions for conversation

86PV

speaking

○ speaking の時に、会話が途切れてしまうことがある。互いに質問することがなくなってしまうのだ。その時には、Who, What, When, Where, Why, How と使って相手に質問することで、なんとか・・・

Speaking の授業に関する3人の学生の提案

108PV

speaking

○ Speaking の授業に関して3名の学生から自分の体験を踏まえて、自分が行いたい授業の提案をしてもらった。学生たちには、小中高とSpeaking の在り方は異なるのでその点も配慮してもらいたい、と注文を付けていた。・・・

スピーキング・ストラテジーの指導

104PV

speaking

スピーキング・ストラテジーの指導 会話を継続したり、意思疎通を円滑に行ったりするためのストラテジーをスピーキング・ストラテジーと呼ぶ。様々なスピーキング・ストラテジーがあるので、生徒たちにもその使い方を教えることで、会話・・・

コミュニケーションとは何か?

752PV

listening speaking 英語教育

コミュニケーションとは何か コミュニケーションの定義 コミュニケーションの定義は「2人以上の人間が何らかのメッセージを交換して、意思疎通すること」である。その時には、メッセージの発信者と受信者がある。発信者と受信者は互い・・・

スピーキングの分類と指導について

500PV

speaking

スピーキングにおける2つの形式 スピーキングだが、2種類の形式があると考えられる。一つは会話である。互いにやり取りをする会話Interactive speakingである。もう一つは発表である。Public speaki・・・

3人の学生が理想のreading の授業を語った。

113PV

reading

○ 今日の英語科教育法の授業は「理想のreading の授業とは何か」であった。この題目に基づいて3名の学生から、自分の小中高の時代の思い出して、「自分ならこうしたい」という授業を語ってもらった。 まず、Iさんからの発表・・・

ページの先頭へ