「授業法」タグの記事一覧

演繹法と帰納法(学生の答案から考える)

1307PV

教授法 教育

スポンサーリンク ○ 英語教育における演繹法と帰納法について考えてみた。今、期末テストの採点をしているが、演繹法と帰納法について次のような学生の答案があった。それを読みながら英語教育を考えてみたい。 学生の答案 演繹法と・・・

自由英作文での学生の感想

78PV

writing

○ 学生の答案を今読み返している。「自由英作文とは何か?」という質問に対して二人からの答えを紹介して、その内容を考えてみよう。AとBの二人の学生の答案は以下の通りである。 Aの学生 自由英作文とは、文法よりも 文の長さや・・・

ゼミ生の教育実習の研究授業を参観する。

171PV

教育実習

○ 先週だが、ゼミ生の教育実習の研究授業を参観した。ある中学校でゼミ生は研究授業をおこなうのだ。この中学校はゼミ生の母校であり、ゼミ生にとっては、6年ぶりの里帰りである。学校は人事異動が激しいのだが、6年前の先生でも、何・・・

理想のリスニングの授業

208PV

listening

○ 今日は学生3名に自分の理想とするリスニングの授業について語ってもらった。それぞれが教室の前に立ち発表をする。まずは、Sさんの発表から始まる。Sさんは「生徒が興味を持つような教材をリスニングにすべき」との内容だ。具体的・・・

認知スタイル(Cognitive Style) 

1879PV

学習法 英語教育

認知スタイルとは 学習者が学習や問題解決を取る認知スタイルにはいくつかのスタイルがある。それらのスタイルは次に挙げる要因から決まると言われている。 有意味学習 単語や熟語などを頭に入れる際に、ただ単に何回も何回も復唱して・・・

コミュニカティブ・ティーチング

382PV

教授法

コミュニカティブ・ティーチング 目標言語を使用してコミュニケ一ション能力の育成を目標とする教授法は、コミュニカィブ・ティーチング(CLT: Communicative Language Teaching)と呼ばれている。・・・

すべての教育は洗脳であろうか。

192PV

教育実習

○ ホリエモンが本を出している。『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 』(光文社新書)という本だ。これはかなり評判がいいようだ。 ホリエモンは次から次と本を出している。それらのほとんどがベストセラーになっ・・・

アクティブラーニングが近年推奨されている。

322PV

英語教育

○ アクティブ・ラーニングで授業を行うようにとの文科省の働きかけが強まっている。この英語科教育法の授業でもそのことに触れる必要がある。まず、アクティブラーニングとは何か、知りたいのでネットで探す。その定義を見ながら、アク・・・

ライティングの指導のいくつかのレベル

581PV

writing

ライティングとは ライティングは、文字を媒体として行う産出活動である。一方、スピーキングは音声を媒体とする産出活動である。スピーキングは原初的な人間活動に近いのであるから入りやすい。しかし、ライティングは、文字を学ぶとい・・・

ライティングの指導はどうすればいいのか。

2170PV

writing

○ 自分が高校生のころの作文の時間は和文英訳がほとんどだった。自由英作文の時間はなかった。英作文の時間は「英作・文法」という授業の一環で、教員は例文を提示して、その文法的な内容を説明して、その例文を暗記させる。次はその例・・・

Silent Way

900PV

英語教育

Silent Way Silent Way は英語教授法の一つです。しかし、英語教授法でありながら、Silent とは不思議と考える人も多いのではと思われます。 カレブ・ガテーニョ(Caleb Gattegno)が提唱し・・・

Suggestopedia

914PV

心理学 英語教育

Suggestopedia Humanistic Approach の一つとして、ブルガリアの心理学者ロザノフ(G. Lozanov)が提唱したSuggestopedia という教授法があります。ロザノフは、精神療法医•・・・

ページの先頭へ