「英語教授法」タグの記事一覧

Natural Approach (学生の発表)

49PV

教授法

○ この日は、NさんによるNatural Approach の説明であった。この教授法はKrashen の提唱したものであり、いまだに日本の英語教育界に大きな影響を与えている。さて、Nさんは以下のようなプリントを配付して・・・

学生の発表(Direct Method)

245PV

教授法

○ 今日は学生のIさんによるダイレクト・メソッドの説明である。この教授法は母語は使わずに目標言語で行う教授法である。それは、なるべく母語を使わないで生徒が自然と英語を英語のままで理解できるようにしながら、単語や文型を教え・・・

Direct Method

219PV

教授法

はじめに Direct Methodとは、Methodとよばれるが、教授法に関する大まかな信念であり、大枠を提供しているのであるから、Approach と呼ぶのがふさわしい。しかし、ここでは、慣習に従ってMethod と・・・

プロジェクト学習

155PV

学習法 教授法

プロジェクト学習(Project/Problem-Based Learning: PBL) プロジェクト型学習とも呼ばれる。学習者が与えられた課題(あるいは自ら見つけた課題)を協同で解決することを目標とした学習方法である・・・

ドラマ・メソッド

206PV

教授法

ドラマ・メソツド(Drama Method)とは何か。 ドラマ(演劇)を利用して外国語を教える教授法である。これはmethod と言われるが、method よりも具体的であり、厳密にはtechnique であると考えても・・・

TPR(Total Physical Response)という教授法

569PV

教授法

特徴 TPR は Total Physical Response  (全身反応教授法)を略した呼びかたである。話すことよりも、命令を聞いて全身で反応すること、また理解することを優先させる方法である。聞いた言葉を身体全体で・・・

学生の発表(CILIL, CLL)

293PV

教授法

○ 今日は授業法に関する学生からの発表であった。 まず、Dさんから、 CLIL(クリル)についての発表であった。クリルとは内容言語統合型学習(Content and Language Integrated Learnin・・・

第一回目の授業で教えること(2019年版)

810PV

英語教育

○ 一回目の授業は大切である。学生にとっては一番印象が強いはずであり、この授業を選択するかしないかを決める判断に関与するので、この授業の全体像が分かるように説明をしたい。1回目の授業では教科書を購入していない人も多いので・・・

行動心理学、認知主義心理学、人間学的心理学

5995PV

心理学

○ 外国語の教授法にはその理論背景として心理学がある。ここでは、その代表的な心理学として、行動主義心理学、認知主義心理学、人間学的心理学の3つを取り上げてみたい。なお、この記述は、米山・佐野著『新しい英語科教育法』(大修・・・

アクティブ・ラーニングの限界

836PV

英語教育

○ アクティブ・ラーニングについて、先日の記事でその方法を語った。しかし、この方法は批判もけっこう多い。要は子どもには主体的、対話的な学習は難しいのではという意見だ。その点を踏まえて、アクティブ・ラーニングの限界とその対・・・

ページの先頭へ